創設者のブルーノ・ゾンレー氏
創設者のブルーノ・ゾンレー

2000年、ドイツのザクセン州グラスヒュッテで時計会社誕生しました。ブルーノ・ゾンレー率いるブルーノ・ゾンレー社です。

創設者のブルーノ・ゾンレーは1940年、ドイツのヴルムベルク生まれ。14歳の時、電気技師の見習いとしてキャリアをスタートします。4年後、兄の誘いで時計業に転職、第二次大戦終戦後、ゾンレー兄弟はクロックの製造、卸業の他、腕時計の卸業、外国時計の修理代理店まで事業を広げ、精力的に活動しました。しかし、1970年代後半のクォーツ革命によりドイツの時計産業は大打撃を受けます。この時、多くの時計会社が消滅しました。ゾンレー兄弟の会社も例外ではなく、またこの時期に2人の兄が相次いで亡くなるという不幸に見舞われます。ブルーノ・ゾンレーはこの困難な時期をクロック製造部門の閉鎖、腕時計の卸業や修理代理店で乗り切ります。この働きにより、会社はドイツ最大の規模にまでなりました。やがて1990年、ドイツ東西の再統一を機にグラスヒュッテが再びドイツ時計の生産地になりました。困難な時代を乗り切ったブルーノ・ゾンレーはついに2000年、自身の名を冠した会社をグラスヒュッテに創設します。

「私たち兄弟はグラスヒュッテの技術で腕を磨きました。ドイツが東西に分裂していた時もその技術、精神を忘れたことはありません。グラスヒュッテに会社を設立する——それが私たちの長年の夢でした。グラスヒュッテのクラフトマンシップ・品質を継承するのがブルーノ・ゾンレー社の時計です」

 ブルーノ・ゾンレー社はグラスヒュッテの厳しい製造規定に基づいて自社製ムーブメントを登載する時計を製造しています。ドイツをはじめとして世界各国に愛好家がおり、現在、ブルーノ・ゾンレーの時計は40ケ国に輸出されています。

現在の社長ステファニー・ゾンレー氏
社長ステファニー・ゾンレー

2013年、ブルーノ・ゾンレーは時計産業での活動55周年を機に会長に就任、現在は長女のステファニー・ゾンレーが社長として活躍しています。

ブルーノ・ゾンレー ジャパン

販売業者:Bruno Söhnle Japan
屋号:ブルーノ・ゾンレー ジャパン
商号:石岡商会株式会社
所在地:〒171-0021東京都豊島区西池袋2-1-2-2A
ishioka-service[at]gol.com
TEL: 03-5396-4008
FAX: 03-5396-4009

代表者:ウイリアム・ストンヒル(代表取締役社長)
事業内容:ブルーノ・ゾンレー社製時計の販売 腕時計の修理 時計関連商品の販売
URL:http://www.brunosohnlejapan.com 

Back to top