ブルーノ・ゾンレー社の機械式時計はすべてグラスヒュッテの自社工場で製作されています。グラスヒュッテ製の時計として認定されるにはムーブメントを含むの55%をグラスヒュッテで製作しなければならないという規定があります。ブルーノ・ゾンレー社の時計はその規定すべてを満たしています。ムーブメントは自動巻と手巻きがあります。

ブルーノ・ゾンレーの自動巻ムーブメント
ブルーノ・ゾンレー社の自動巻ムーブメントCal.B200は、スイスのセリタ社の自動巻ムーブメントをベースにして、プレート(受け)等をすべて自社で製造しています。エンジンターンの細密な仕上げ、部品の個別調整、ローター等の手彫り加工など、高い精度を誇るグラスヒュッテの自動巻ムーブメントです。Cal.B200はハイビートで 毎時2万1600振動、パワーリザーブは約40時間です。


ブルーノ・ゾンレーの手巻きムーブメント
ブルーノ・ゾンレーの手巻き時計には自社製のグラスヒュッテムーブメントCal.2000が搭載されています。グラスヒュッテムーブメントの特徴は3/4プレートです。3/4プレートとは、プレートが時計の歯車すべてを覆う構造で、これにより歯車の位置を安定させることができます。また、シャトーンという受け石を入れ、ネジでプレートに固定します。そうすることで時計の精度は極めて高くなり、修理等のメンテナンスの際にも取り出しやすくなります。テンプのプレートには時間を細かく調整できるスワンネック緩急機も付いています。このグラスヒュッテ独自のムーブメントの設計は1853年、グラスヒュッテにおける時計産業の黎明期に採用されました。以来、その正確さが評価され、グラスヒュッテの象徴になっています。このようなムーブメントはグラスヒュッテでしか作られていません。Cal.2000は毎時1万8000振動、パワーリザーブは約40時間です。


ブルーノ・ゾンレー ジャパン

販売業者:Bruno Söhnle Japan
屋号:ブルーノ・ゾンレー ジャパン
商号:石岡商会株式会社
所在地:〒171-0033東京都豊島区高田3-42-10-101
ishioka-service[at]gol.com
TEL: 03-5396-4008
FAX: 03-5396-4009

Back to top